門真 歯医者 歯科医院 審美 歯周病 虫歯治療 小児歯科


院内感染予防の取り組み

院内感染とは

院内感染とは、歯科医院に治療に来られた患者様がかかっている色々な病原体 {細菌、ウイルス、カビ(真菌;しんきん)などの 病気が、院内で他の患者様に移ってしまうことです。 この中には、エイズ(後天性免疫不全症候群)やB型肝炎、C型肝炎などの危険な病気も含まれています。

安心・安全な歯科医療をご提供

当院では、患者様に安全な環境で治療を受けて頂くため、徹底的に院内感染予防に取り組んでおります。 歯科治療に使用する全ての器具を、肝炎やHIVを始め、全てのウィルスや微生物、雑菌を殺菌しています。 使用した器具に付着した感染性の有害物質を滅菌することで2次感染を防ぎます。

院内感染対策

院内感染対策として、エプロン.手袋.コップは使い回しをせず、治療器具など患者様のお口に入るものはすべて滅菌処理を行っています。当然のことながら使用する器具類は、可能なものは全てディスポーザブルにし、全ての器具に対して徹底的な衛生管理に努めております。

高圧蒸気滅菌器による治療器具の完全滅菌

当院では歯科用ハンドピース専用滅菌器(iclave mini)を始めとする滅菌器を導入し、完全滅菌しております。 タービンという 歯を削る器械も専用の滅菌器で隅々まで洗浄し、完全滅菌しております。 また、滅菌された器具はその清潔な状態が保たれるよう、治療直前まで滅菌パックに入れ保管しています。

口腔外バキューム

口腔外バキュームとは、治療中に出る、歯の削りかす、金属片、血液、細菌などの目に見えない細かな粉塵を強力な吸引力で吸引する装置です。治療中に血液や金属の粉をとばさないように配慮します

これからも患者様に安全な環境で治療を受けて頂くために、院内感染予防に取り組んでまいります。

│   TOP   │   HOME   │